HOME | 会社案内 | 企業理念

グループ基本方針

「誠実」「信頼」「創造」「積極」


サニクリーングループは、常に「誠実」に行動し、社会の「信頼」にこたえると共に、新たに市場、商品、システムを「創造」し、よって「積極」的に社会に貢献することをもってグループの基本方針とする。

経営方針


1.乾式清掃法を普及し、広く社会に貢献する。
2.レンタル業を通じ、顧客の合理化に助力する。
3.一に顧客・二に安全・三に努力をモットーとして、自己の繁栄を築く。

サニクリーングループ行動憲章


サニクリーングループは、次の10原則に基づき、国の内外を問わず、人権を尊重し、関係法令、国際ルールおよびその精神を遵守するとともに、社会的良識をもって、人と人とのつながりを大切にし、システムと商品を通して、さわやかな環境づくりを提供することにより、社会に貢献します。 
 

1.お客さまの満足社会的に有用で信頼性の高い商品やサービスを、安全に十分配慮して開発、提供し、お客さまに満足と信頼をお届けします。
 
 2.公正な企業活動公正、透明、自由かつ適正な競争ならびに取引を行います。また、政治、行政との健全かつ正常な関係を保ちます。
 
 3.社会とのコミュニケーションと情報の開示広く社会とのコミュニケーションを行い、企業情報を積極的かつ公正に開示し、企業活動の透明性を高めます。
 
 4.地球環境保全への貢献地球環境への負荷を低減し、持続可能な社会づくりの為に、自主的かつ積極的に行動します。
 
5.社会への貢献社会との共生のため、社会の一員であることを深く自覚し、良き企業市民として積極的に社会貢献活動を行います。
 
6.反社会的勢力への対応反社会的勢力に対しては、毅然とした態度で対応し、不当な要求には一切応じません。
 
7.人権の尊重あらゆる企業活動の場面において人権を尊重し、差別的取扱い、児童労働、強制労働を認めません。
 
8.知的財産権・個人情報の管理知的財産権を尊重し、個人情報の厳重な管理・保護を実行します。
 
9.従業員の尊重従業員一人ひとりの人格、個性を尊重します。また、能力を十分に発揮でき、活き活きと働ける職場環境を実現します。
 
10.責任ある対処本憲章に反するような事態が発生したときには、経営トップ自らが問題解決にあたる姿勢を内外に表明し、原因究明、自らを含め責任を明確にして、再発防止策を徹底するものとします。
 
2008年7月1日

反社会的勢力への対応


サニクリーングループ行動憲章に基づき、企業としての社会的責任を果たすため、反社会的勢力の排除に取り組みます。 
 

1.組織としての対応当社は、反社会的勢力への対応を組織全体で対応すると共に、当社の取り組みを社内外に広く周知します。
 
2.外部専門機関との連携当社は、警察や暴力団追放運動推進センター、弁護士などの外部機関と常に緊密な連携のもと、反社会的勢力に対し、毅然とした態度で臨みます。
 
3.有事における民事と刑事の法的対応当社は、反社会的勢力からの不当な要求に対し、民事・刑事を問わず、あらゆる法的手段を講じて断固としてこれを拒絶します。
 
4.取り引きを含めた一切の関係遮断当社は、取り引きにおいて、相手方が反社会的勢力であるかを常に注意を払うと共に、反社会的勢力とは知らずに何らかの関係を有してしまった場合、判明した時点で速やかに関係を遮断します。
 
5.資金提供の禁止当社は、反社会的勢力に対し、一切の資金提供を行いません。

サイト内検索