HOME | 環境 | 京都工場の取り組み

京都工場

 
京都工場の役割は、使用済みレンタルマット・レンタルモップを、再びお客様のもとへお届けできるよう、洗濯・加工すること。そして同時に、環境への負荷を軽減すること。
京都工場は、2001年にISO14001を取得して以来、きれいなあしたを実現するため、サニクリーン近畿の中核となって環境保全に取り組んでいます。
 

何度もお使いいただくからこそ、きれいにしてお返ししたい。

レンタルマット・モップは、洗って繰り返し使用するリユース商品です。
いつも清潔な商品をお届けするために、汚れを残さない、高い品質管理が生まれました。

マット・モップの洗濯工程

種類や、汚れの度合いに応じて分類・洗濯

例えば、飲食店の厨房のマットと、オフィスのエントランスのマットでは、洗濯コースも洗剤の量も異なります。
京都工場では、分類ごとに、荒砂落としから乾燥までを一貫して管理しています。繊維を傷めず、汚れを最大限に落とすシステムです。

 洗濯後はバスケットを自動洗浄

汚れを次に残さない、うつさないから、洗濯を繰り返しても安心です。

 洗いながら、洗濯水をコントロール

洗濯工程で複数の洗剤を汚れに応じでブレンドして投入。洗剤の相互作用で洗浄力が上がります。

 吸塵剤が、繊維のすみずみまで浸透

マットやモップに施す吸塵剤は、ホコリを捕まえて離さない、ダストコントロールの要である薬剤です。後から吹き付ける方法とは異なり、洗いながら繊維にしみこませるエマルジョン加工で、洗濯後の商品は、より長く、より多く、汚れを絡め取る仕上がりになりま す。
 

洗濯加工

step1

洗濯前に商品別に計量後、 ダスターに投入し荒砂 を落とします。
step2

7台の洗濯機がそれぞれの汚れに応じた工程で選択します。
step3

商品によって細かくコースを設定し、乾燥します。
step4

工場スタッフが1枚1枚仕上がりをチェックします。

工場からの排気・排水・廃棄物のすべてに責任を持ちます

明日の環境を守るために、工場として、できるかぎりのことをしたい。
京都工場では、日常の業務の中に、環境への負荷を軽減するシステムを組み込み、環境保全に全力で取り組んでいます。

徹底した排水処理で、環境への負荷を軽減

汚れた水は、汚泥と分離させ、何度もろ過を繰り返します。汚泥からできるかぎり水分を除去し、廃棄物を減らします。

 排気のダストを抑制
 

工場内の汚れた空気は集塵室に集められ、フィルターを通してから排気されます。ダストを減らすとともに、工場内の空気の流れを良くすることで、乾燥を従来の6倍の風量で行うことができ、省エネにも繋がっています。

 CO2、窒素酸化物の発生を抑制

高効率ガスボイラの採用で、光化学スモッグや酸性雨の原因ともされているNOX(窒素酸化物)や CO2 の排出を抑えます。

排水処理

step1

洗濯後の汚水から繊維質のみを取りのぞきます。
step2

汚水を汚れ成分と水に分離処理し加圧浮上処理後、更に分離処理を重ね公共下水道へ。
step3

汚泥の水分をプレスし、できるだけ除去。水分は再処理します。

ISO 14001の継続を通じて、きれいな未来へ

2001年7月4日に、環境マネージメントシステムの国際規格「ISO 14001」を取得し、今日まで認証を維持しています。
今後もシステムの向上に努め、高いレベルで環境保全を行います。

厳しいチェック体制のもと、認証を継続

認証を継続するために、機械やシステムの見直し・チェックを日々行っています。また、年1回の外部監査と3年に1回の更新審査に合格しています。

検査風景

登録番号 JQA-EM6808

JQA(日本品質保証機構)のホームページで、当社の登録状況をご確認いただけます。

一人ひとりが、環境方針に従い行動します。

京都工場では、全従業員の意識レベルの向上を図るため、環境方針を設定し、社内外に公開しています。
環境方針をもとに、毎日の業務の中で、積極的に行動してまいります。

環境理念

 
地球における自然や人類の生活環境を保護していくために、レンタルやリサイクルなどのシステムを通して資源の有効活用を行うと同時に省資源・省エネルギーのほか広義に環境保全に貢献し、地球にやさしい商品とサービスの積極的導入を継続的に実施します。

株式会社サニクリーン近畿
代表取締役社長 レスリー山田健

環境方針

 
株式会社サニクリーン近畿京都工場は、環境理念を踏まえ、下記の事項を念頭に事業活動を行って参ります。
 

  1.  当工場の事業活動であるレンタル商品の洗浄加工において発生する水質汚染を未然に防止するため排水処理システムの維持、管理を徹底します。
  2.  資源・エネルギーの有効活用と継続的削減に努力します。
  3.  環境に関連する法規制及び当社が同意したその他要求事項を順守します。
  4.  環境活動の見直しを定期的かつ継続的に行ない、環境活動の改善と発展に努
    めます。
  5.  廃棄物の削減・再利用活動に積極的に取り組みます。
  6.  環境方針は定期的に見直すと同時に全従業員に周知徹底し、社外に広く公開します。

 

株式会社サニクリーン近畿 京都工場
工場長 川本 享一

環境方針文書

 

環境方針文書をPDFファイルで開きます。印刷時にご利用下さい
※PDFファイルを開くには「Adobe Reader」が必要です。
Adobe Readerをダウンロードするには、
をクリックしてください。